有効な誹謗中傷対策とは

ニュースなどで頻繁に報道されますが、最近のいじめは巧妙な手口が蔓延しています。許しがたいことですが、有効な防衛手段がないのが現状なようです。それにはやはり、ネットの匿名性が原因だと思われます。自らの素性がバレなければ、人間は攻撃的になってしまいます。中高生にラインいじめが蔓延しているのはその為です。この手の誹謗中傷対策には、早めに警察や法律の専門家に相談するのが一番です。最近の警察にはサイバー犯罪に長けた署員が駐在しています。相談に乗ってくれますし、ベストな助言をしてくれます。弁護士は法的手段のアドバイスをしてくれます。一人で悩まずに、まずは誰かに相談してみて下さい。解決への近道はそれが一番なのです。加えて、国を挙げての対策が望まれます。誰もが暮らし易い世界へ…誹謗中傷が無くなることを希望します。

ネット上の誹謗中傷対策。

この記事は、ネットワーク上での誹謗中傷対策について書かれております。さて、ネットワーク上での中傷対策といえば、ご自身が管理者様の場合ですと、該当のアドレスなどからのアクセスを禁止する。といったことが第一に挙げられますし、現在では、無料でWEBスペースを貸し出されておられるところにしても、そういったことが出来るようになっている場合が多いようです。ご自身が管理者様ではない、不特定多数のかたがアクセスをする掲示板などですと、該当サイトの管理者様に一報を入れる。という方法がありますし、中傷があまりに酷い内容ですと、報告を入れる前にその書き込みを削除して頂けることも多々あります。この理由は、サイトの美観などを損ねる。ということも挙げられますが、やはり一番に、面倒ごとに巻き込まれたくない。ということがあります。誹謗や中傷を書き込む側も、ネットワークのことが少し分かるようになると、アドレスを偽装したりしてきますので、収まらない場合には、警察などに言うようにしましょう。勿論、警察側は、『あなたにも悪いところがあるのでは?』などと懐柔してこられるでしょうが、その限りでない場合にはその旨はっきりと伝えましょう。そうして始めて対応して頂けるようになることが多いです。

誹謗中傷対策はどうすれば

誹謗中傷は、相手の嫌がることや悪口などネット上に書き込みしたりすることです。口コミを書けば、個人に対して不快な思いをさせたり、また企業の場合だと営業妨害と言って、企業のイメージを悪くしたりします。対策はないのかと考える人も少なくないと思います。コメントを削除できればいいですが、他人のアカウントページからコメントを削除することはできません。サイト側に問い合わせ警告をしてもらい削除してもらうこともできます。すぐ対応してくれればいいのですが、時間はかかると思います。今は、誹謗中傷対策としては、抽象的な書き込みを削除してくれる業者があります。電話依頼するとすぐに対応してくれます。そういった業者があると安心もしますし助かります。嫌な思いをしてる方がいたらサイト側に問い合わせをしたり、業者に相談し削除してもらうことを勧めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です