ネットによる誹謗中傷対策

ネットによる誹謗中傷対策を覚えておくと、役立つことがあるはずです。最近はネットを通じての被害が多くなっているからです。相手が誰か分からないという点から、このような被害が増えてきているのです。まず、誹謗中傷対策として行うべきことは、できるだけ個人情報をネットに掲載しないことです。SNSも気軽に行うのではなく、誰にでも知られるようなものにしないことが大事です。仲のいい知人までしか見られないようなサイトを利用することをお勧めします。それでもうまくいかない場合には、悪口を書かれている掲示板などの管理人にその内容を削除してもらうことです。削除依頼のメールを送ってみるといいかもしれません。各サイトには管理人が居ます。管理人宛に送れるメールも掲載されているはずなので、そちらを利用してみることをお勧めします。誹謗中傷対策として最も手軽にできる方法です。

インターネット上の誹謗中傷対策とは

インターネットで広範囲なコミュニケーションを行っていると、悪質な誹謗中傷や書き込みをされる場合があります。多少のいじわるな発言、いやらしい発言程度ならば、気にせずに振る舞うほうがよいと思います。もしも目に余るほどに悪質な発言の場合(個人情報に関わることや、第三者の目から見ても度し難いほどのもの)は、警察に被害を届け出ましょう。刑法の名誉毀損罪や侮辱罪、信用毀損罪、業務妨害罪といった犯罪行為に該当すると判断されれば、警察によって捜査が行われる可能性があります。ネットの誹謗中傷を警察が摘発する際に、最も一般的な容疑は名誉毀損といわれています。見方によっては何てことはないいじわる程度の発言だとしても、れっきとした刑法上の犯罪になりえます。あまりに悪質と思えば、できる限り警察に捜査してもらいましょう。これは、公的機関に頼る誹謗中傷対策ですが、個人的にはよほどの発言でもない限りは、軽く受け流す精神、冷静になって無視する精神を養うことも肝要だと考えます。

誹謗中傷対策を行うこと

誹謗中傷された場合には、毅然とした対応をしたほうが良いです。放置をしていると、エスカレートをしてしまう可能性があります。誹謗中傷対策の中で特に効果的なのは法的な処置をすることです。確かな証拠がないとしても侮辱罪で被害届を出すことが可能となっているのです。法的なところに介入をしてもらうことが出来れば、相手も何も出来なくなってしまうことがあります。場合によっては逮捕されることもあるので、そのリスクを背負ってまでも誹謗中傷を続けるというようなことは、一般的には考えにくいのです。中にはそれでも誹謗中傷を続けるような人もいるかもしれませんが、それはあまり賢い人ではないのです。否定をすることも大切なのですが、否定をすることによって、エスカレートをすることもあるので、法的制裁に出たことを告げるようにすると効果的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です