ネットでの誹謗中傷対策は皆必要

今の時代、ネットに触れる機会はないに等しい人が多いと思う。特にスマートフォンが普及したため利用しやすい環境にある。私は、未だガラケーだがタブレット端末を毎日弄っている。何をそんなに扱っているかというと、SNSの利用と動画の閲覧である。ネットというと、情報収集の役割を果たしているのはもちろんだが、そばにはいない人との繋がりも持たせてくれる。これは知人や友人だけでなく、見知らぬ人とのやり取りも含まれる。対面では言えないけど、文だと気軽に言える、これはいい面ではあるが、軽視すると、所謂「荒らし」「炎上」と言った状況を引き起こすのだ。こういった誹謗中傷対策として、ブログだとNGワードを設定できる機能を使うのも一つの手だと思う。しかし、一番大切なことはネットを利用する一人一人が、相手が生身の人間であることを忘れずに、対面で話しているのと同じであることを認識して利用すべきだろう。

ユーザー個人にも求められる誹謗中傷対策。

大人の議論にはルールがあります。基本的なルールとして挙げられるのが、相手を誹謗中傷しない事です。人格攻撃は議論のご法度ですが、現実的にはそれを行う専門家や指揮者も少なくありません。現代ではSNSやBlogを通じて、専門家や有名人に対して直接メッセージを送る事が可能です。半数以上のネットユーザーがルールを守った上で議論とコミニケーションを、楽しんでいますが、時々感情的な対応を取る有名人や専門家がいます。素人のアカウントやBlogを名指しして、人格攻撃や誹謗中傷を繰り返す著名人が居るのも事実です。そういった行動はルール違反ですので、必ず対応しなければいけません。有名人のバッシングは影響力が大きいため、誹謗中傷対策は確実に必要です。ネット上のコミュニティサイトでは有名人の発言イコール真実、と誤解される事も多いので、無闇に放置せず丁寧に対応しましょう。

インターネット上の誹謗中傷対策

インターネットは、非常に高い匿名性があるため、人間の感情がむき出しにされる場になります。中には、生活に支障をきたすほどの内容の誹謗中傷がなされるケースもあります。このような誹謗中傷対策としては、ネット上で自分の氏名や住所などの個人情報を開示しないことが重要となります。このような個人情報が開示されていると、誹謗中傷を行うための写真などが掲示板などに投稿されてしまう場合もあります。一番の誹謗中傷対策は、掲示板などの場を一切利用しないこととなりますが、このような極端な方法をとってしまうと、インターネットの活用が難しくなってしまいます。そのため、あまりに評判が悪いサイトや、誹謗中傷が繰り返し書き込まれているサイトにはアクセスせず、同時にインターネット上に個人情報を開示しないように注意しながら利用することが重要となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です