ネットでの誹謗中傷対策について

ネットでの誹謗中傷対策には実は色々と方法があります。一つは、掲載元にいうことです。匿名の掲示板であれば、その掲示板を管理しているところに書き込みが著しく名誉を毀損しているから削除して欲しい、ということを伝えるわけです。或いはサイトの場合は、身元がはっきりしていることがありますから、法的な手段をとる、ということを伝えます。本当にそうしてもよいですし、まずは様子見でそうしたことをいってもよいです。もう一つ、方法があります。それが逆SEOというものです。これは特定のページを検索結果から除外させたり、或いは検索結果の下位に押し込むことができる技術です。多くの企業がやっていることであり、企業にとって誹謗中傷をしているサイトは死活問題になりますから、こうした需要があるのです。ちなみにそれなりの金額がかかります。

誹謗中傷対策についてのこと

インターネット上に自分の名誉を侵害されていたり、或いは、プライバシーを侵害したりする情報が掲載されても、個人としては、その情報の発信者がわからないので、被害者がどうこうすることは実に難しいことになります。掲示板やSNSであれば、そのサイトの運営者に退位して、その記事やコメントの削除を求めることができますので、それはやっておくことです。それと実はしっかりとした法律があります。プロバイダ責任制限法というものがあるのです。これによって、被害者は、プロバイダやサーバーの管理や運営者などに対し、人権侵害情報の発信者の情報の開示を請求することができます。人権侵害情報の削除を依頼したりすることができるようになっています。これは有効的ですから、是非とも実行することです。また、大規模な誹謗中傷対策ですと逆SEOというものがあります。これもお勧めできます。

子供のための誹謗中傷対策

インターネットの場における誹謗中傷や風評被害は、非常に重大な問題となります。プライバシーが暴露されたり、ありもしない事実を列挙されるなどされてしまい、生活にも大きな支障が発生してしまいます。このような問題は、子供のインターネット利用でも発生することになります。子供の場合、インターネットに対する恐怖心も少ないため、短絡的に自分の個人情報などを流出させてしまうことがあるためです。このような問題に子供が巻き込まれないようにするためには、しっかりとした誹謗中傷対策を行う必要があります。誹謗中傷対策としては、パソコンやインターネットに対する正しい知識を教育し、利用の仕方についても制限を行っていくことが重要となります。子供用のフィルタリングソフトなどをパソコンにインストールしておくことも大きな効果が期待できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です